旅日記

2002年4月11日(木) うれしいカンパン?

昨日はジョナサンを出て、寝床を探しながら、下田方面へ進んだ。3km位行った所の道路の端の草地 に決定。若干傾いとったけど人が来そうにないとこでなかなかいいと思った。トレーナーも手袋も買ったけどやっぱり寒くてあまり寝れず…。
7時に起床して片付けやら体操して出発。
熱川温泉稲取温泉などいくつもの温泉街を通り下田市まで順調に進む。 でも道は山と橋を登ったり降りたりのくり返しできつかった。
途中にはゴリラやら荷物専用運び機やらがあった。
下田市ではぺリー来航記念碑を見てから無料の足だけ浸かれる「ハリスの足湯」に行った。 そこで地元のお婆ちゃんと話しとったら、僕が今住んでるすぐ近くに昔住んでたって分かって、 いろいろ話を聞かせてもらった。
20分位足湯を堪能した(クソ熱い)だけやけど疲労が回復したって感じた。
まもなくして出発して、弓ヶ浜への分岐点に何か懐かしいカレー屋さんが…。
そうこうしているうちに石廊崎に到着。灯台に向かって山道を行く。 やっと灯台に着いて景色を楽しんだ。 戻ってきて腹ぺコやったところに、さざえの壷焼きを発見。1人前2個800円のとこを400円で1個だけ食った。 初めて食ったけど、うまかった。でも最後にでてくる緑のはちょっと苦手や。
そこで話をしよったら、おっちゃんがカンパンをくれた。ありがたや。お礼を言って北上開始。
石廊崎周辺は車がほとんど走ってなくて、快適やった。
登り下りを繰り返して波勝崎への分岐点に来た。どうやらがおるらしい。3km位坂を降りて駐車場に着いた。そこで猿を見なくても崎の方に行くのに500円かかることを知る。節約の為に遠くから眺めて退散。136号の分岐点に戻るまでが急な登り坂プラス猿糞だらけで参った。
ようやく136号に着き、北上する事30分、石部温泉平六地蔵露天風呂に到着。 ここはなんと無料の温泉。1人先客がいたけど、さっそく中へ。少しぬるく下がごつごつして、そして木の葉っぱみたいなのが結構沈殿してた。先客おじさんに、ケツにタオルひいたほうがいいと教てもらった。その後40代ぐらいの夫婦も来た。しばらく足をもみもみしてから再出発。
予定の修善寺まで行けるか不安になってきたのでちょっと急ごうかと思ったところ、雨が降り出してきた。小雨やったけど、堂ヶ島の辺りから本降りに。
なんとか100円ショップのカッパの力も借りて土肥町までやって来た。コンビ二のでかい地図見てから外に出たとき、救急車の音が聞こえた。近づてみると人が車に跳ねられて倒れていた。その人の横には倒れた自転車が。自分も気をつけなければ…。
その現場のすぐ近くの観光案内所の脇の一画を寝床に決めた。雨が降ってるし屋根付きのここが すぐ見つけられてラッキーやった。そんで今日は初めて外でWEBの更新をしてみた。案外できるもんやなっ。もう寒いで早く丸まりたい。
本日頂いた、カンパンは7年前の自分の誕生日に賞味期限が切れてた。。。

今日 143km 合計 425km

ハリスの足湯
ハリスの足湯
さざえの壷焼き
さざえの壷焼き
平六地蔵露天風呂
平六地蔵露天風呂
堂ヶ島
堂ヶ島

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る