旅日記


2002年4月14日(日) インチキ

昨日オートレストランでweb更新途中で、不安定な状態を検出しましたとか出て、パソコン画面が消えてそれまで書いてた文章も全部消えてしまってむかついた。書き直す気力なく寝てしまった。今は15日の朝8時30分。

早速、伊良湖岬に向かって出発。
しばらく行くと、なんとブラジャーが落ちとったけど、大人なので拾ったりはしない。。。まさか
やがて、42号線に入って、坂の上り下りをしていると、が見えてきた。面白そうだと思って近づくとみんなも寄ってきた。カメラで撮ろうとちょっとづつ近寄ると撮った瞬間手を舐められた。 去ろうとするとみんなこっちを見て、見送ってくれた。
その後、渥美豊橋自転車道にも入ったりしながら、なんとか伊良湖岬が見えてきた。 あと数百メートルって所でタイヤがボコボコする感じがすると思ったら、パンクしてた。
こないだパンクしたばっかりだし、もうする訳ねぇっていうあほな考えやった。それで修理セットも買ってないし。学習能力なし
テンションが下がり、灯台恋路ヶ浜に行ってもパンクの事で頭がいっぱい。ボーっとして 海を触っとったら、ただ波がいったりきたりしてるだけなのに和んだ。
トボトボ歩きながらそばにあったガソリンスタンドの人にパンク修理してくれないか聞いてみたけど、 自転車のはやってないと言われた。だいぶ先まで行かないとないような事を言われた。
肩を落として初めは自転車を押して進んだ。暴走族の集団が通過していく。何事もなくてよかった。
だんだん面倒くさくなって、パンクしたまんま乗りはじめた。ゴトンゴトンと。
しばらく行くと、1台の車が止まった。さっきのガソリンスタンドの兄さんやった。 直してくれるとこ見つかったから、そこまで乗せて行ってやるって言われた。今回の旅で車には乗らんって思ってたけど、お言葉に甘えて乗ってしまった。2kmくらいでその自転車バイク屋さんに到着した。 兄さんとしゃべってて気付いたけど、この辺の人は語尾に「〜もんだい」を付けるみたい。
兄さん「このへんは何もないもんだいねぇ」というふうに。
しばらく待つと自転車屋のおじいちゃんが登場。おじいちゃんも「もんだい」を語尾につける。
おじいちゃん「この辺は温室があるけん、釘が多いもんだい
チューブごと撮りかえてもらって、長旅のアドバイスもしてもらった。2000円もかかった。 これからはパンク修理の道具を買って自分で直す事にしよう。
おじいちゃんに別れを告げて豊橋方面に進む。豊橋で風呂の看板を見つけ、見るとサウナ付き380円と書いてある。今日は天気が良くて汗もかいてるので入ることにした。中には露天風呂やら 塩サウナ、電気風呂までいたれりつくせりやった。サウナのテレビで阪神が勝ったニュースをみて 電気風呂でよく膝を治療した。
23号線を通って蒲郡まで行って観覧車とか奇麗な夜景を過ぎ、ひたすら247号を進んだ。 途中で家康が奉ってあるって書いてある寺津八幡社を参拝して碧南市までやってきた。 もう休みたかったけど、247号が高速道路っぽくなっていて、休むようなとこが見つからず半田市まで来てしまった。さすがに眠くなってきたので寝床を探したら川沿いに最高の場所発見。
明るくて公園のようになってるけど人の気配なし。今日はここで寝よう!

今日 163km 合計 903km

舐められた瞬間舐められた瞬間
恋路ヶ浜恋路ヶ浜
GS兄さんGS兄さん
自転車屋のおじいちゃん自転車屋のおじいちゃん

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る