旅日記

2002年4月15日(月) 桶狭間

昨日の日記の分を更新してから、9時30分過ぎに知多半島へ出発。
今日も天気が良くて気持ちがいい。もとから日焼けしにくいほうだけど昨日と一昨日の快晴で顔から頭まで赤黒くなって見苦しい。まぁ誰も見てないから気にしないで行く。
247号を南に行く途中、河和口駅前でカッパの花子(背中に名前が書いてあった)が出迎えてくれた。このへん一帯は潮干狩りがさかんのようでみんな潮干狩りをしている。それと今までの海岸より塩辛いにおいが強かった。そのうち師崎に到着。でもどこを見学すればよいか分からんずに、灯台っぽいのをパチッ。一周するように北上開始。
野間灯台を過ぎ常滑市知多市と通過した後ちょっと内陸に入って、通りかけに見つけた大仏さんを拝んでから、戦国時代に信長が2000人で25000人の今川義元軍を破った桶狭間を見てきた。もう今は公園になって平和だけどここで殺し合いがあったと思うとゾ〜とした。
その後1号線で名古屋へ。
地図をみて適当に進んでたけど、なかなか目的地までたどり着けずにやっと熱田神宮に着いた。 自転車のまま進入したらすぐに、放送みたいなので怒られた。すごく大きな神社。
次は栄のテレビ塔に向かったけど、すごく奇麗で目立ったんですぐに分かった。この後、県庁に行こうとしてあっち行ったり戻ってきたり、警備員みたいな人に聞いてみてもよく分からずに、雨も降って来た。先に名古屋城に行くことにして、思ってた距離とだいぶ違ってすごく広いと感じた。城を一周して県庁も無事に見つける事ができた。城はあんまり近くで見ることができずに残念やった。
それより明日からの天気予報が良くないのが憂鬱…。

今日 140km 合計 1043km

河和口の河童カッパ(花子)
聚楽大仏聚楽大仏
今川義元戦死之地今川義元戦死之地
テレビ塔テレビ塔

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る