旅日記

2002年4月18日(木) 暴走族は恐やさしい

今朝は昨日早く寝たので6時半位に起きて、web更新の続きをしてから、道の駅「伊勢志摩」を出発した。
まずは志摩スペイン村に行ってみたけど、朝早いのでやってるわけもなく、建物とかを外から見て、安乗崎に向かった。
朝のうちは天気がよくて半袖で進めた。一本裏の道を通って行ったら、車もいないし、たまにおばあちゃんがおば車ひいとるぐらい。安乗灯台に到着して、海だらけの景色を見てから今度は大王崎に向かった。今度も県道61号を通ってのどかなサイクリングができた。10時30分位には、大王崎灯台に到着してしまった。立派な灯台を見た後、途中にあった店で焼きうにってのを食った。400円。そこのおばあちゃんが最近の大王埼であった事とかを話してくれた。
ここからは国道260号をひたすらに走って進み、南勢町南島町と通過するまではとてもハイペースやった。この後、紀勢町のとんでもなく長い坂に出くわして疲れてまった。箱根の山の辛さが「10辛いとすると「7辛い」ぐらいはあった。坂を上りきると一気に下って紀伊長島町に入る。ここで飯を食ってから、なんとか尾鷲まではいけるって確信して真っ暗の道を進んだ。
海山町をを抜けていよいよ尾鷲に向かうトンネルに突入。結構長いトンネルの真ん中あたりで、前方からバイクの爆音が聞こえて来た。暴走族やっ! どんどん近づいて来るけど、こんな時に限って車が1台もいない。関わらないように隅のほうをしょぼそうに進んだ。2台で4人だけだったのであっという間に通りすぎて行った。よかったと思ってトンネルの出口付近に来ると、今度は後ろからさっきとおんなじ爆音が。トンネルを抜けると遠くの下のほうに尾鷲の町並が広がっているのが見えた。なんとか追いつかれる前に町にでようとして、下り坂で車も走ってないし、全力で下りていった。しかしあともう少しで町に入るってとこで爆音は真後ろに
やべぇ、殺されるとか、妄想しながら、端っこをしょぼそうに進む…
抜かして行ったー。
後ろに乗ったやつが、振り返った。もうだめだ〜。
「ガンバッテ」って叫んで行ってまった。恐ろしかった。でも優しい。
もう150km以上走ったし、休もうと思いコンビニの人にファミレスあるか聞くとないって言われた。 どうしようかとそのまま進んでいると、交差点からさっきの暴走族がっ!そのまま行ってしまったけど徘徊してるみたいやし、目を付けられる前に全力で尾鷲脱出
8kmくらいは膝の痛みをわすれて爆進した。ずっと上がり坂で体力的にもだいぶきつくなってきた。そこへ2kmを超すトンネル出現。やっとの思いで抜けたと思ったら、またすぐに1.5kmを超すトンネル出現。抜けた時にはもうぐだぐだになった。そこから5km惰性で下ったところの道の駅「熊野きのくに」で就寝した。

今日 173km 合計 1470km

安乗灯台安乗灯台
大王崎灯台大王崎灯台
焼うに焼うに
さざえをいじるおばあちゃん
さざえをいじるおばあちゃん

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る