旅日記

2002年4月28日(日) 断崖で立ち小便

ウォームアップシーツを買ったのに朝方、寒くて寝れなかった。これがなかったら全然寝れなかったと思う。炊事場を6時30頃起きてまず、歩いて上流のほうを探検しに行った。岩の壁が特徴的で、カッターで切ったみたいにきれいに角ができている兜岩御月岩鎧岩と見て、さらに上へ。布引の滝を見て少し上に行ったけど戻ってきた。身仕度して出発。亀腹五色河原なども見て関門を抜けて出てきた。
出てすぐに石鎚スカイラインがあり、おっちゃんが通っていいよって言うのでお金払わないで通過。ありがとう。
でもこれがしんどい坂やった。18kmもこんなのが続くかと思うとうんざり。2km行ったところでもう歩き始めた。途中に、車では気付きにくい滝がけっこうあったりして得した気分やった。5km付近でさっき見た亀腹が小さく見えた。そして冠岳を過ぎたころから、なんと下り坂に。4kmくらい下ってまた上りになった。そこからはもう下りはなかった。自転車に乗ったり、歩いたりしてやっと土小屋に到着。
汗だらだらかいて、暑かったのでアイスクリーム食べながら周りを見た。
そうしたらみんな「寒い寒い」と言っていた。暑いのは自分だけみたい
そこから少し進むと高知県に突入。本川村を過ぎて吾北村まで下って行った。汗がひんやりとして今度は寒かった。そこからは439号を東に進んだ。道の駅「土佐のさめうら」であまざけアイスを食って休んでからは大歩危(おおぼけ)まで頑張って進んだ。ラピス大歩危を見学してから、大歩危峡小歩危峡と見ながら北上。森の下の断崖を流れる川で舟下りをやっていて、次来たときは乗ろうと思った。秋なんか紅葉もきれいだろうなぁ。
今日はこの辺りまでの予定だったけど、まだ5時30分だったんで祖谷渓まで行く事にした。急な坂を予想してたけど、思ったよりも平坦で明るいうちに見物することができた。山の絶壁が深くて、上から見下ろす感じが気持ち良かった。小便小僧のアイデアがナイス!。その先の温泉はケーブルカーで下にある温泉まで行くらしくて面白そうだけど1500円する時点で所持金オーバーやった。のんびりと道の駅「にしいや」へ行こうとしたら犬2匹に200m位追いかけられて噛みつかれるかと思った。ちゃんとつないどけ。
やっと着いて長い1日も終わった。前に秘境の湯っていう温泉があったけど高いのでやめて、そこのレストランで祖谷そば450円)を食べた。つゆは色も味もうす口。そばが太くて短かったのが特徴。そのあと休憩室で寝っ転がって、リクライニングチェアーで本読んで、おみやげ屋で試食をしまくって道の駅に戻ってきた。日記も書き終えたし、電波もばっちり。
明日で横断が終われるように寝るとしよう。

今日 166km 合計 2891km

兜岩
兜岩
亀腹
亀腹
小便小僧
渓谷に立ちしょん
祖谷そば
祖谷そば"

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る