旅日記

2002年5月11日(土) さよなら四国、また会う日まで

昨日は、うずしおふれあい公園っていうとこの巨大な屋根付きステージの上の隅っこで寝た。雨が降ってもOK。朝5時に起きて散歩してる婆ちゃんと話して、駅の方へ行った。どうやって本州に戻ろうかと思い、タクシーのおっさんに聞くと、前は淡路島に行くフェリーがあったけど、今はなくて徳島から出とる南海フェリーってので戻るしかないらしい。淡路島に行きたかったけど、しまなみ海道まで戻る必要なくてよかった。料金も2190円って調べてくれた。遍路が終わったって言うと、「じゃあ高野山、お礼参り行かんならんなっ!」って言われた。どうやら八十八ヶ所を無事にお参りし終えたら、高野山へお礼のお参りに行くのが普通みたい。でもこないだ先に高野山へ行ってまったし…。
まぁいいや、早速徳島に向かって、迷わずにフェリー乗り場に到着。まだ時間があったんで、うどんを食べて、芋太郎を買った。出発の8時10分に近づいて、フェリーに車とか乗せる雰囲気になった。自転車は俺一人で、空っぽのフェリーに1番乗り。上に行って休んでたら知らないうちに出発してた。ゆっくりゆっくり進んでたけど段々速くなって四国が小さくなっていった。さっき売店で買った芋太郎を食ったら眠くなって寝てしまいあっという間に2時間経って、遍路姿のおばあちゃんが起こしてくれた。
久しぶりの本州!和歌山。前に来た時、和歌山ラーメンを食べ忘れたんで、丁度いい機会しで食べていこうと思って、薦めてもらった「井出商店」を本で調べたら12時開店となっている。まだ1時間半もあったんで、ぶらぶらして暇つぶし。そして12時前に入店する事ができ、特製中華そば600円を食べた。柔らかいチャーシューがいっぱい入っている。とんこつしょうゆのスープで汁まで飲んだらちょっとしんどくなった。店はすぐに満員になって行列ができてた。
思い残しもなくなり出発進行。12時過ぎてまだ26kmしか進んでなかった。こりゃ大変と思って、こぎまくった。26号線を北上して、途中から市街の道を進んで岸和田まで来た。そこで岸和田城を散歩して休憩して、堺市から奈良方面に進路をとって法隆寺の近くまで来た。

歩道が狭い所なんかは危ないので集中して走る。でも車が抜く時に助手席の窓から志村けんの「アイーン」とかやられるとびっくりするので勘弁してほしい。今日もなんとか100kmも越えたし、王寺町さくら湯っていう銭湯350円に入って今日はおしまい。

今日 119km 合計 4790km

南海フェリー
南海フェリー
さよなら四国
さよなら四国
特製中華そば
特製中華そば
岸和田城
岸和田城

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る