旅日記

2002年5月14日(火) 辛くない坂もある

昨日も「米プラザ」の同じとこで寝た。朝5時に起きて出発。477号を進んで、「途中」っていう変わった地名の所を過ぎて京都に入った。銀閣寺に行くも、まだ開いてなくて、『哲学の道』を通って南禅寺の門をくぐって観音寺に向かった。山科のほうに来てしまって、また1号線を通てっ渋滞の坂道を登る。だいぶ遠回りになったけど観音寺に到着。次に清水寺に来ると、有名だけあって賑わっている。特に修学旅行の学生が多かった。
その後、3つお寺をお参りして(六波羅蜜寺)、金閣寺にやってきた。一休さんでしか見たことがないんで入ってみた。ここも修学旅行生と外人さんが多かった。入ってすぐに金色の建物が見えてきた。そこに立ってた看板に「これは金閣寺ではありません。金閣です」って書いてあった。意味不明のまま、境内の店で茶だんごの試食を3つ食って、八ツ橋もひときれ食った。次に仁和寺を参って、映画村を通過して嵐山にやってきた。どこへ行っても人だらけで、小汚い格好の自分を鏡で見ると少し恥ずかしい。
渡月橋通って善峯寺に向かった。これがまた急な坂の上にあって、ほとんど押して上がった。でも若い女性2人が俺の前を押して上がっていたので、見ながら上がったらそんなに辛くはなかった。到着すると、そこには日本一の松があると書いてあって、どんなに大きいのだろうと思ってたら、横に寝るように生えていた。
次の寺目指して亀岡市にやってきて、穴太寺を参拝。県道6号で大槻市に向かった。地図を見ると、途中に『地獄谷峠』って書いてあたもんで、きっと辛い坂があるんだろうと思ってたらずっと下り坂で天国!でも逆に進んだら地獄やな。それから総持寺に来たけど、5時に閉門して参拝できなかったんで、洗濯して風呂(銭湯 川西)に入って今日もおしまい。

今日 143km 合計 5290km

哲学の道
哲学の道
清水寺
清水寺
金閣
金閣
日本一の松
日本一の松

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る