旅日記

2002年5月20日(月) 3分で九州

昨日は、防府天満宮のとこに東屋があったんで境内だったけど寝た。
5時に起床して、天満宮を参拝して高台から防府の町並みを見下ろして出発した。
山口市に向かって、ザビエル県庁と通過して、50kmぐらい進んで楽しみな秋芳台に到着。1200円支払い東洋一のスケールっていう洞窟に侵入。しばらく小川に沿って歩くと突然穴ぼこが現れる。初めに見つけた人はさぞびっくりりしたやろう。中に入ると、水がしたたり落ちてきて坊主頭にあたって冷たかった。様々な形が自然に創られていて、それに見合った名前がつけられている。かぼちゃ岩とか百枚皿とか。こういうのが3億年もかかって出来上がったらしい。洞窟をぬけて、カルスト大地ってのを見に行った。見渡す限りぼこぼこと岩が生えているように見えた。こんな景色がづっと続くらしい。このカルストロードをジョギングしたら気持ちよさそう。この旅でいろんな所へ行ったけど自分では1番の絶景。ゴリラのはなくそを試食して、エレベーターから再入洞料100円を払って戻ってきた。
ここからは九州に向かって進んだけど、だるくて眠いのでまた昼寝をしてやっと関門橋の所までやってきた。目と鼻の先ぐらいに九州が近くに見える。歩行者(無料)と自転車(20円)のための人道トンネルがあって、3分くらいで通りぬけて九州に上陸できた。中にはウォーキングやジョギングをしてる人が結構いた。しまなみ海道を抜けた時のような感動はないけど、疲れてるからありがたい。
北九州市の辺りまできて、もう寝ようと思った。明日も天気良さそうでうれしい。

今日 135km 合計 6296km

防府天満宮
防府天満宮
秋芳洞入口
いよいよ潜入
カルスト台地
カルスト台地
人道入口
人道入口

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る