旅日記

2002年5月26日(日) あぁ…佐多岬

昨日は、道の駅の温泉に入った後、すぐ裏の公園で寝た。でかい犬が走り回ってたけど気にする力もなく寝てしまった。
朝6時には出発して448号を海岸沿いに進んだ。なかなかの山道で、内之浦に来た時には既に足がだるくなっていた。ここはロケットの発射する所があるようで、宇宙に一番近い町って書いてあった。しばらく進んで、レーダーセンターを過ぎると、気持ちいい下り坂で、美しい海と海岸の景色が広がった。その後、そのまま海岸に沿って行く道と、山を越えて根占に出る道に別れていて、地図を見ると、海岸沿いはとてつもないような道だったんで、山を越えて進んだ。こちらもきつい山道で、国道でとてもいい道なんだけど車が10分に1台くらいしか通らない。やっと田代町について、もう山は嫌なんで鹿児島湾沿いに出た。この時点で疲労はこの旅のピークだった。道の駅「根占」でなんか食べようと見てたら、観光客のおばちゃんが「これおいしいよぉ」って勧めてくれた、「げたんは」200円を買った。黒砂糖のお菓子で、疲れた俺には丁度よかった。
そこから、だらだら進んでやっと佐多町に来て、もうちょい頑張って佐多岬(本土最南端)の手前まで来た。ここからは有料道路で、窓口で聞くと自転車はダメで、歩いても岬には行けないって言われた。車以外の人はバスで行くらしい。普段は3時くらいにあと1便だけ岬行きのがあるけど、今日は日曜日でその便は運休。これを知ってやる気がなくなってきた。横の道からもう少し先までは行けるというので、行ける所まで行った。坂を越えると、有料道路と合流した。行こうと思えば強行突破できるけど、そこにあった堅苦しい看板見て、『もういいわ』って思ってほぼ佐多岬の写真を撮って退却。せっかく岬へ行くために坂だらけの道を110kmも走ってきたというのに。同じ道を戻るのもだるい。途中で、薩英戦争のために作られた砲台の跡を見て、大根占まで来た。神川大滝ってのを見に内陸に入って行った。公園とか整備されたいい所で、滝を川の真ん中から撮ろうと石の上を歩いていたら、川に落ちた今日はだみだ
その後ずっと北上して、寝床を探しながら桜島の入り口まで来てしまった。そこに神社があって寝れそうだったんで、参拝してお願いして寝させてもらった。

今日 202km 合計 7277km

げたんは
げたんは
ほぼ佐多岬
ほぼ佐多岬
砲台跡
砲台跡
神川大滝
神川大滝

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る