旅日記

2002年5月29日(水) 甘い香り

ちょっと石の上は寝にくかったけど5時には起きた。北端の辺土岬を目指して出発。車もほとんど走ってなくてとても走りやすい。道にはソテツとか南国らしい植物が立ち並んでいる。あっという間に辺土岬。釣りをしに来た人にあいさつをして、先に進むとやがて県道70号になった。地図を見ると結構厳しそうな道。でも天気がいいのは今日までで明日は台風が来るというので、なんとしても今日いろいろ行っておきたいと思い頑張って進む。このへんの山道にはカメがでるみたいで、いくつもカメ注意の看板があった。
途中には共同店っていう店が所々にあって楚州の店で休憩した。店のおじさんと話してたら、「昨日の夜来れば、前にある空家に泊めてやったのに」と言われた。この辺の人は俺みたいな旅人なんかはしょっちゅう来るので珍しそうな顔はしない。お別れをして山道を進んで行く。さっきからたまに甘い匂いがする。多分、花かなんかの匂いなんだろう。車のほとんど通らない山道だけど、沖縄を走っていると思うとうれしかった。米軍基地を通過してやっと東村も抜けて、名護に入った。まだまだ坂は続く。汗だくで石川市までやってきて海中道路のあるほうに行ってみた。海に挟まれた道で思ってたよりも広くて、途中に公園があったりした。それから浜比嘉島まで行ってキノコ岩を見て戻ってきた。
勝連城跡を見学して、南に進んだ。すると突然道沿いの柵にダチョウが出てきた。こんなことが沖縄では起こるんやなぁ。それから海沿いに進んで知念村斎場御獄を散策。誰もいなくて、少し怖かった。説明を読むととても崇高な場所らしく世界遺産になっている。その後、暗くなってきたけど頑張って糸満市平和記念公園までやってきた。とても広い公園で売店の裏を寝床に決定。屋根もあるし雨が降っても安心。webの更新もしないまま疲れて寝てしまった。

今日 232km 合計 7674km

辺土岬
辺土岬
沖縄ロード
沖縄ロード
ダチョウ
ダチョウ
斎場御獄
斎場御獄

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る