旅日記

2002年6月11日(火) 友達は大切

昨日はどこで寝ようかと敦賀の町をうろうろして、松原の中にベンチがなさそうなので気比神宮へ行った。北陸の守護身の中なら安全だと思って、林の中で寝てたら雨が降ってきたんで、屋根がある所に移動して寝た。朝は5時前に目が覚めて、敦賀(鳥取説有り)出身という山ちゃんに電話をして道案内をしてもらった。神宮にお参りをして、日本三大松原気比の松原から海岸に出てまた戻ってきた。芭焦もこの地をおとずれ絶賛したらしくて、神宮内には芭焦像があった。
今日は、遅くなるにつれて天気が悪いみたいなので先を急いだ。8号線を南に進んで滋賀県に突入、懐かしい琵琶湖が見えてきて長浜までやってきた。寺巡りの次の場所が琵琶湖にぽっかり浮かぶ竹生島にあるんで、長浜港から9時の乗って参拝に行った。30分もかからないうちに到着。お参りをして店のおばちゃんと出発まで話をして戻ってきた。そのまま、走りやすい琵琶湖沿いを進んで長命寺をお参りして、戻ってきて観音正寺も参拝。どっちも山奥にあって大変だった。それから、菓子屋で滋賀県で有名な菓子下さいと言ったら、いがまんじゅうと求肥餅を出してくれた。雨も降ったり止んだりの怪しい天候になってきたので先に進んで岐阜県に突入。関ヶ原古戦場を過ぎて垂井町にやってきた。ここに友達(首から珍毛が生えている)が住んでいるんで、泊めさせてもらうことに。汚いと申し訳ないのでコインランドリーで洗濯をしてから行った。そいつは丁度結婚したばっかりで、新築の家に嫁さんと住んでいて、忙しい時なのに泊めてくれて大変うれしかった。まず風呂に入らせてくれて、風呂から出ると飯の準備がしてあって旅館みたいやった。手巻き寿司を用意してくれていて、焼肉とか馬刺しとかもあって久しぶりにちゃんとした食事。それから、酒やらコーヒーやら菓子やらももらって、テレビを見て寝た。

今日 170km 合計 9903km

寝床
寝床
芭焦
芭焦
気比の松原
気比の松原
晩飯
晩飯

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る