旅日記

2002年6月18日(火) 行きたくないなぁ…

70日ぶりに自分のベッドで寝て、つくづく帰る家があることの有り難味を知った。8時まで寝てしまって、出発しようと思ったけど大雨で2度寝してしまった。9時前に起きて、花まるマーケットでも見ながら、準備をした。天気予報だと夜には止むらしい。そのままだらだらしとるうちに、今日は休もうかなぁって気持ちがこみあげてくる。笑っていいとも!を沖縄に行った時のフェリー以来に見て、ごきげんようも始まってしまった。あぁ、雨は強くなっている。
これじゃあ今日が何のためにあるか分からん…。何かのスポーツの本に雨の日こそ練習をしたほうがいいっ(差が付くから)て書いてあったのを思い出して、少しやる気を出して、なんとかカッパを着てスタート。慣れた道でも、雨と車と人と風とかでなかなか思うようには進めない。ただ雨の中を、安全第一で進む。神田を過ぎて錦糸町も過ぎて、荒川にかかる小松川橋を過ぎると今までで初めて走る道になった。雨が止む気配もないまま千葉まできて県庁を通過してコンビニで休憩。もう午後7時近くで、止むはずの雨も止んでくれず先に進んだ。ここから16号で南に進んだけど、広い歩道がずっとあって雨でも快調に進んで、袖ヶ浦の辺でやっと雨も止んでくれた。君津市まできて今日はおしまいのつもりが、寝床が見つからずに30km近く走ってしまって、道の駅「きょなん」で結局寝た。雨だと携帯が濡れるのが嫌だし、出すのも面倒くさいんで写真もろくに撮ってなかった。それで更新風景と、汚い手でご勘弁。

今日 126km 合計 10931km

寝床
寝床
千葉県庁
千葉県庁
更新風景
更新風景
日焼け手
日焼け手

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る