旅日記

2002年6月2日(日) どこでも寝れます

昨日は、たまってた日記を書いてたら朝の3時近くになってしまって、ガストを出ると濃霧で夜がさらに暗くなっていた。国道3号線は、大きい道と思っていたら、街灯もたまにしかない国道で、こんな時間にこんな天気の中、自転車を漕いでいるなんて怪しすぎた。もう眠たさに負けて、適当に道の端っこで寝た。
朝6時に目が覚めるとそこは、雨量観測所っていう建物の横だった。3時間しか寝れてないけど、道路に寝続ける訳にもいかないんで出発。なんか、観光するとこないかなぁと思って地図を見て、出水武家屋敷っていうのが面白そうなので見に行った。鬼坂っていうのを上がると、石垣に奇麗に手入れされた木が立つ景色が広がっていた。その中で公開されている屋敷を見学。江戸時代の家というものを見てから、北に進んで小さい商店でさつまあげを食ってから熊本県水俣市に突入。八代市に向かう途中にいくつかトンネルがあったけど、極めて狭いトンネルで、さらにダンプが多く恐ろしい思いでトンネルを進んだ。「トンネル抜ければ夏の海」って歌があったけど、今日は「トンネル抜ければ汗の海」だった。今日も天気がよくて、昼寝でもしていたい天気だったけどなぜか眠くないので進む。天草五橋でも渡ってみようかと思って、天草方面に向かった。順調に五橋入口まできたのはいいけど、トンネルといっしょで自転車が通れるスペースがないっ。しょうがないので、歩行者の通る1段高くなった道を進む。幅が40cmくらいしかなくてよそ見なんかしてる場合じゃなかった。第一の橋を渡り終えるとしばらく陸地を走り、その後4つ続けて橋があった。どれもこれも、よそ見はできない。だから景色を楽しむどころではなかった。全部渡りきって即引き返す。もっと雄大な橋を想像してたけど、渡るのでせいいっぱいの橋だった。
そこから頑張って、やっとの思いで熊本市に入った。こうなったら熊本ラーメンを食おうと、まだ営業してる店を調べて行ってみた。「こだいこ」というお店。歌舞伎町のような雰囲気の所に店があってまた恐かった。元祖熊本ラーメンを食した。これだけ自転車に乗ると、もう何を食ってもうまい。それでうまいものを食うのでもっとうまかった。店じゅうに志村けんから、中西学まで幅広いジャンルの方のサインがぎっしり貼ってあった。もう今日はペダルこげない。

今日 245km 合計 8229km

麓武家屋敷
麓武家屋敷
天門橋
天門橋
松島橋から見る前島橋
松島橋から見る前島橋
元祖熊本ラーメン
元祖熊本ラーメン

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る