旅日記

2002年6月22日(土) 危険!栗子トンネル

昨日も寝るとこ探して進み、見つけれずに道の駅「ならは」という所まで来てしまった。雨が降るようなんで売店の入り口で寝た。朝5時過ぎに起きて、おじさんと喋ってたら、語尾に「〜っぺ」って付けて喋る。それに気をとられて、何を話しているのか忘れてしまった。
小雨の中、ずっと北に進んで相馬市に入って百尺観音というのを見にいった。それは日本のあちこちを旅した後、一念発起した1人の男荒 嘉明が石仏を彫りはじめて、完成しないまま亡くなってしまって、今は3代目が続きを彫っている。こういう生き方に敬意を払います。
次は福島に行くために115号線を進む。川に沿って坂を上がって行くと、地図には書いてないけど中村街道っていう辺りの川の景色が奇麗で、小さい滝とかもあった。霊山は雨が強くて、登る気にならないんで下りはじめると雨もやんできた。福島市に入って、岩谷観音をお参りした。そこの横の岩山にもたくさんの仏様が彫ってあった。それから県庁、駅前を通って、飯坂温泉にやってきた。そこで芭焦も入ったと言われる、鯖湖湯に入った。100円。でも外装はは桐でとても立派。中は更衣室と湯舟が一体化したような簡単な作りだった。とても熱い湯で、温まってから、もう少し頑張って米沢へと向かう山に向かった。トンネルが多くて、さほど苦労はしなかった、途中までは。県境に2つ大きいトンネルがあって、まず福島側の東栗子トンネル(約2300m)に突入。『なんじゃこりゃ〜、歩道がない!』少し進むと40cmくらいの歩道があったけど、すごくでこぼこで、結構交通量がある道なんで、とても恐かった。やっと抜けても、まだもう1つ残っとる。また同じようなトンネルがある思うと・・・。また坂を上がって山形県に突入して西栗子トンネル前にきた。標識には「長さ2600m」。さっきより長い。突入、さっきよりひどい道で途中に穴が空いてたりした。下り道だったのがなんとか幸いだった。ここは本当に自転車なんかでは行かないほうがいい。死ぬ確立が高いと思う。なんとか無事抜けて、あほみたいな顔で米沢市外まで下ってきた。立ち読みで調べた、喜久家っていう店で米沢ラーメン500円を食ってもう今日は休むことにした。


今日 209km 合計 11680km

百尺観音
百尺観音
岩谷観音の磨岩仏
岩谷観音の磨岩仏
鯖湖湯
鯖湖湯
米沢ラーメン
米沢ラーメン

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る