旅日記

2002年6月30日(日) 水中花火

昨日は、函館公園高台で寝た。なんかうんこ臭いなぁと思いながら朝4時に起きたら、となりに野良犬かなにかの新しいうんこを発見!ついてない…。
公園を散歩して熊を見に行ったけど、そこには9時からしか入れなかったんで、岬の方へ行った。しばらく行くと、ゲートがあって通行できなかったもんで歩いて立侍岬に行って景色と石碑を見て、ついでに函館山にも行ってみようと思った。自転車はダメと書かれた看板があったけど、朝5時だし大丈夫だと思って頂上まで行った。函館が一望できてすごい、夜は夜景がきれいだろうなぁ。坂を下りて五稜郭に行ったら、ラジオ体操の最中だったので一緒にやってから北に進んだ。赤松街道っていう木が立ち並ぶ道を抜けて、大沼公園の方に行ったら、線路沿いにカメラをスタンバイしている人がたくさんいた。おじさんに何か聞くとSLが通るということらしい。踏み切りが鳴ったので俺も、スタンバイしてうまく撮れた。と思ったら普通の電車だった。SLは2時間後に通るということで先に進む。
やっぱり北海道は広いせいか、歩道本州の倍以上はある。バス停も小屋になっているのが多くて入り口に扉がついた親切設計。先の見えない真っすぐな道を進んで、やっと長万部(おしゃまんべ)までやってきた。攻略本に今日、毛がにまつりがやっていると書いてあるので行ってみた。カニ汁とかは売り切れてしまっていて残念。
ここから先は山道になって、とにかく霧が濃くて20m位しか見渡せない。とても危ない。そこをやっと抜けて洞爺湖方面に向かった。途中で西山火山の火口を見ようと思って行ったけど、30分行くのが遅くて見に行けなかった。「6時まで」と言われた。遠くから噴煙の上がるのを眺めて、洞爺湖にやってきた。この時期は毎日花火が上がると攻略本に書いてあるんで周辺をふらふらした。8時45分になってついに花火が上がる。湖の中でボートのようなのが移動しながら次々と打ちあがる水中花火を自転車で追いかけながら見た。花火を間近で見える遊覧船というのがあって、乗ってみたかった。花火が終わると、みんな帰りだす。俺は寝床を探す。湖畔を進んでたら外灯がなくなって、そのまま進んでたけど、真っ暗で車もほとんど通ないんで恐ろしくなって慌てて引き返した。
湖畔に公園みたいなのはあるけど、「キャンプ禁止」と書かれた看板があちこちにある。
どうすればいいんやぁー!!
テント張らないんで寝かせてください。恐いので椅子の上でさっさと寝た。

今日 208km 合計 12946km

立侍岬
立侍岬
函館山から
函館山から
洞爺湖
洞爺湖
花火
花火

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る