旅日記

2002年6月4日(火) 本土最西端は最高!

朝5時に寝床を起きて、長崎の散策を始めた。まず竜馬通りを下りて、眼鏡橋県庁と通過。オランダ坂を駆けあがって、大浦天主堂グラバー園の前を通った。出島を見て、そういえばここは修学旅行で見たなぁと思った。それから浦上天主堂でお祈りを捧げて、原爆落下中心地を見学して平和記念公園の像に到着。その後は、一気に北に進んで、終わってまったオランダ村を過ぎて佐世保までやってきた。
眼鏡岩を見て、本土最西端に行った。そこには碑がぽつんとあるだけ。その一帯は公園になっていてとてもきれいに整備されていた。人もいない、売店もない。地元の方が釣りを楽しんでるくらい。これこそ端っこ!とてものほほんとした雰囲気がとても気に入ってしまった。昼寝でもしていきたいとこだけど、時間がないので先に進んだ。
後は、道の駅「昆虫の里たびら」で休憩をして(おじさんごめんね、坂を降りたら戻るの面倒くさくなってしまった。この旅で一番後悔している。)、平戸に行くため平戸大橋を渡った。10円かかるけど無料で通してくれる。平戸城を見て、ごぼう餅を食って戻ってきた。それからは、佐賀県唐津まできて今日はおしまい。

今日 210km 合計 8648km

竜馬
竜馬
浦上天主堂
浦上天主堂
日本本土最西端の碑
日本本土最西端の碑
平戸城
平戸城

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る