旅日記

2002年6月7日(金) 1000円GET!!

昨日はしばらく進んだ所に木造の小屋のようなバス停を発見して就寝。
若干寝坊wじょして、6時過ぎに起きた。それから、特に何も見ることもなく妄走した。台場公園小便をして、道の駅でいちじくソフトクリームを食べた。130kmくらい走って出雲大社に到着。さっそく拝殿本殿に参拝。それから神楽殿にも参拝した。名前は知らないけど大きい縄や。それを下から見ると、切り口にいっぱいお金が挟まっている。そして、お土産屋試食@AB)しまくって出発。
その後、日御岬まで行って、灯台を見た。石造りとしては東洋一の高さらしく、白くてきれいな灯台だった。景色もよくて、若者がお互いに崖下に落とし合いっこをしている。ガンバレ!。
それからまた、出雲大社の所に戻ってきてそばを食べようと思ってたら、店がもう閉まってったんでちょっと先に行ったところのそばやに入った。釜あげそば600円を食べた。つゆの色が少し緑色していて、好みで濃さを調節できる。沖縄から本州へ戻ってきたあたりから、店とかに入ると俺の日焼け具合がそんなに珍しいのか、みなさん声をかけてくれる。店主と話していて、そばに小麦粉を使ってないようなことを言っていた。
後はのんびり宍道湖でもながめて松江まで進むんでいると、また虫だらけで目を負傷。頭は虫の巣になるしでえらい目にあった。琵琶湖もそうだったけど湖の周辺は夕方になると虫がすごいことを覚えた。そしてやっと松江市街に入って、県庁を通過して松江城へ突入。城がライトアップされていてとても美しい。個人的に城があると観光地としてポイントが高い。俺が写真を撮るのをじっと見てるおっさんがいて、暗くて恐いなぁと思ってたら話しかけてきた。右手にリアルゴールド(ジュース)を持って、少し酔っている。そのまま城内のベンチに誘導されて話を聞いた。おっさんはとても詳しく城の成り立ちから、出雲の国の素晴らしさ、そして家康は頭がいいと何度も言っていた。早口なのと方言で、分からないところもあったけど、とても分かったのはこのおじさんは島根県がとても大好きというのがよく分かった。だいぶ話を聞かせてもらって、別れ際に、1000円をポケットから出して渡された。「なんか食え」と。
島根県サイコー!
それから、城内の南櫓の下で寝た。

今日 214km 合計 9215km

神楽殿
神楽殿
日御崎灯台
日御崎灯台
出雲そば
出雲そば
松江城
松江城

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る