旅日記

2002年6月8日(土) 妖怪

寝ていると夜3時頃、砂利を踏む音が聞こえてきて酔っ払った若者が近づいてきてて起きた。 やっぱり寝ていて一番怖いのは人間。寝袋に入っていて動きが取れなかったけど、何もされなくてよかった。
5時前に起床(寝床)。松江城をまた見て、武家屋敷の前を通って美保関方面に向かった。地蔵崎灯台まで行く予定だったけど、通行止になってたんで境水道橋を渡って、鳥取県境港市に突入。コンビニで道を聞いて水木しげるロードに行った。水木しげるゲゲゲの鬼太郎)の故郷で、、駅前から300m位の間、妖怪の像が立ち並んでいる。朝早いので、まだ店はやってなくて残念だったけど、懐かしみながら見て周った。80体あって、一番気に入ったのが「のっぺらぼう」。おもしろい顔をしている。鬼太郎ねずみ男はでかい像があったけど他は小さい像。どれも細かいところまで彫ってあって、とてもよく似ていた。妖怪神社にもお参りした。

目玉のおやじ一反もめんこなきじじいぬりかべ
砂かけババア猫娘ぬらりひょん

弓ケ浜を通って、9号線をせっせと進む。3日位前からさほど急でない坂を楽に漕ぐ技術が上達してきたような気がして、自分でも分かるくらい楽になった。
道の駅「大栄」でスイカが名産んみたいやでスイカソフトクリームを食った。そこには今度は名探偵コナンの像が建っていた。それから、しばらく進んで白兎神社に参拝。雰囲気から静かな所かと思ったら誰もいないのに神社のテーマ曲みたいな歌が聞こえ始めた。そこをちょっと行った物産センターで今度は本物のスイカを食べた。店の人らと話をして「飛騨高山はいいとこやぁ」とか言われてうれしかった。機嫌良く鳥取に到着。城跡を見て、県庁を通過。それから、ここも温泉が有名なので日ノ出湯(だったと思う)310円に入浴。さっぱりして、今度は鳥取砂丘へ行った。ついに砂丘に足を踏み入れるとすごくさらさらな砂。きな粉みたい。自由に誰でも入れるんで、足跡だらけで風紋はそれほど見られない。ちょうど夕日がきれいな時間やったけど、雲が多くて残念。ちょっと横のほうに行って、足跡がないとこにやってきたら、奇麗な風紋をを見ることができた。戻ってきた時には靴の中が砂だらけになってた。今日はここまでで寝るとしよう。

今日 162km 合計 9376km

のっぺらぼうのっぺらぼう
コナンコナン
日ノ出湯
日ノ出湯
鳥取砂丘
鳥取砂丘

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る