旅日記

2002年7月30日(火) 県境高過ぎっ!

朝4時に起きて、ご飯食べて出発。もっとゆっくりしたいけど、北アルプスを越えなければならないので出発。作ってもらったおにぎりと桃を持って5時に出発。出身の高校のほうに向かって進んで、高山陣屋古い町並を通って、母校の斐太高校白線流しをやっている)の所を曲がって、峠に向かった。朝早いので車は少ないけど風が向かい風なのと、坂道なので辛かった。歩いたり漕いだりを繰り返すこと4時間やっと安房峠に到着。景色はすばらしい!途中でもう一人自転車で山を越えようとしてる人がいて、話しをすると昨日の夜8時に富山を出て寝ないで進んでるという…。それも旅をしている格好ではなく、ママチャリに長靴、訳アリのご様子でだった。
そして峠でおにぎりを食べた。後は松本までだいたい下りだけど、時間が10時くらいで車が多く、細いトンネルだらけの道は、この旅で2番目に恐かった。(1番は福島米沢間の栗子峠、死ぬかも)
疲れきって松本に到着。そして照りつける太陽。帽子をかぶればいいけど面倒だし、すぐに飛んでいってしまうのでかぶらない。昨日、家でまた坊主にしてもらったでさらに暑く感じた。南に進んで塩尻から20号で甲府方面に向かった。高山(約600m)→安房峠(1780m)→松本(約500m?)→塩尻峠(1012m)。上がったり下がったり疲れた〜。そして諏訪まで下りてきて、岡本太郎が絶賛したという万治の石仏を見に行った。ノートが置いてあったので名前書いた(自由)。丸い石にアンバランスな顔の石。ちょっと笑える石仏。それから諏訪大社春宮秋宮と参って、諏訪湖畔を進んでから、水に囲まれた高島城を見て、諏訪大社本宮前宮と参拝して大社巡りを終えて今日はおしまい。残りわずかなので、事故に気をつけて進みたい。

今日 153km 合計 17753km

古い町並
古い町並
万治の石仏
万治の石仏
秋宮神楽殿
秋宮神楽殿
高島城
高島城

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る