旅日記

2002年7月9日(火) 止まらない自転車

寒さで4時前に起きる。(寝床遠景)かじかんでであんまり早く動くこともできず、4時半にしょうがねえで出発。日本海オロロンラインっていう海岸沿いをひたすら南下した。利尻富士を背に、海と丘陵と干し草の丸い塊だけがあほみたいに続く道で、どれだけ漕いでも風景は変わらない。信号も家もなければ車も極たまに。でも天気だけは最高に良く、風も見方につけて50kmくらいあっという間に進んだ。天塩町を過ぎるとまた同じような景色が続く。しばらく進んで初山別村の店の前でジュースを飲んでいると、店のおばちゃんがトマトをくれた。それから少し行くと、なんと宮城で一緒やった林ライダーとすれ違って、俺に気付いて止まってくれた。久しぶりに再会を喜んで、鮭の薫製とかいう物を手に入れた。こうやっていろんな物をもらって、ルンペンレベルは上がってるけど、日記を見る限り人間レベルは上がってないのが、忍とも勘とも。
それから道の駅で、バラ園を見て風車の並ぶ道を過ぎて花田家番屋を見て留萌までやってきた。調子がいいので深川市まで行くことにしとった。内陸に入って坂とかあるにもかかわらず、まだ風が背中を押してくれるおかげでひょいひょいと越えて深川までやってきた。まだ行けると思って、旭川でラーメンを食べようと決心してまた先に進む。沈む夕日を見ながら進み神居古たんという渓谷美を見て、自転車道があったのでそれで旭川まで進む。風が最後まで見方してくれたおかげでこんなに進むことができた。ただ内陸に入ってからは水田がいっぱいあって虫だらけで、目やら口にしょっちゅう飛び込んで来たのがうっとおしかった。駅前の辺の「かつ木」っていうラーメン屋さんで、醤油ラーメン600円を食った。メーターは250kmを超えた。やっぱり疲れた。

今日 253km 合計 14670km

オロロンライン
オロロンライン
利尻富士
利尻富士
神居古たん
神居古たん
旭川醤油ラーメン
旭川醤油ラーメン

前の日← 日付選択に戻る →次の日

表紙に戻る